report

レポート

[report] métisse live! vol.3 DUO MOSIM

music

地域と世界の交流拠点métisseがお届けするライブシリーズ「métisse live!」。
vol.03は韓国からDUO MOSIM(デュオ・モーシム)。

metisse live! vol.3は韓国からDUO MOSIM。

私たちと、南砺と20年以上の交流があり、南砺と韓国の両面太鼓チャングをはじめ様々な楽器とエフェクトなどを駆使し、常に探求を続けるチャン・ジェヒョ。日本の箏のご先祖カヤグムを演奏し、伝統と現代のそれぞれの国内シーンを支え続けるキム・ウンギョン。この日は2人によるデュオとチャンさんのソロの構成でお届け。

MOSIMとは韓国語で「尊敬」「尊重」「招待」という意味。その言葉の通り、互いの音楽や世界中の音楽を尊重し合いながら、私たちをDUO MOSIMの世界へ招待してくれました。

このライブの前日まで、スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールドのプログラムの一環で市内の小学校でアウトリーチを実施したり、ビギナー向けのワークショップを開催しており、そこに参加したみなさんも観に来てくれ、2人にとっても嬉しいひと時となりました。(アウトリーチやワークショップについてはこちらをご覧ください。)

latest

最新のイベント

art
art

COR GLASS SUMMER 2024

Cor はラテン語で”心臓”、
Glassは英語で”ガラス”、
Foolsは”おばかさんたち”…!

人形遣い長井望美と道化師サクノキのパフォーマンスユニット。東京を拠点に国内外で活動。道化師とモンスターが繰り広げるファンタスティックでシュールで愛おしいドタバタ世界はこどもから大人まで悪戯心を持ったすべての世代の観客に親しまれている。

music
music

métisse live! vol.4 Justin Vali & Marc Chemillier 竹の琴「ヴァリ」が奏でる最先端マダガスカル・バイブレーション

地域と世界の交流拠点métisseがお届けするライブシリーズ「métisse live!」。
今回のmetisse live! vol.4では伝説的なマダガスカルの音楽家”ジュスタン・ヴァリ”とデジタル・コンテンポラリーの音楽家” マルク・シュミリエ”のデュオユニットが登場。

マダガスカル共和国はアフリカ南東部に浮かぶ島国で、古くからアフリカ、アジア、ヨーロッパと交流する多文化が共存している土地。音楽的にもそれぞれの種族が独特の楽器とリズムを持ち、各地方に歌唱と楽器の流派が存在している。
ジュスタン・ヴァリは、マダガスカルの伝統的な竹製弦楽器「ヴァリ」の名手。90年代から世界的に活躍し、WOMADネットワークの看板アーティストの一人である。近年ではフランス出身の即興音楽のスペシャリスト、マルク・シュミリエとともに新たな音楽の世界を模索している。インド洋からの伝統的な音色とパリの現代的な表現の絶妙なバランスで、唯一無二のハーモニーを響かせる。